SriLnaka 360 panorama photo スリランカ 360度 映像

360度パノラマ写真 360 panorama

1.ポロンナルワ (Polonnaruwa)

(1) ワタダーケ(Vatadage)

Post from RICOH THETA. – Spherical Image – RICOH THETA

(2) 宮殿跡

Post from RICOH THETA. – Spherical Image – RICOH THETA

(3) ガル・ヴィハーラ(涅槃仏)

Post from RICOH THETA. – Spherical Image – RICOH THETA

2.シーギリアロック

(1)シーギリアロック中腹

Post from RICOH THETA. – Spherical Image – RICOH THETA

(2)シーギリアロック頂上

Post from RICOH THETA. – Spherical Image – RICOH THETA

3.ヌワラエリア 紅茶工房の展望台

Post from RICOH THETA. – Spherical Image – RICOH THETA

4.ゴール(ガッラ)

(1) 海岸

Post from RICOH THETA. – Spherical Image – RICOH THETA

(2) 灯台

Post from RICOH THETA. – Spherical Image – RICOH THETA

(3) レストラン

Post from RICOH THETA. – Spherical Image – RICOH THETA

5.ホテル

(1) コロンボ

Post from RICOH THETA. #theta360 – Spherical Image – RICOH THETA

(2) クィーンズホテル(キャンディ、仏歯寺前)

Post from RICOH THETA. #theta360 – Spherical Image – RICOH THETA

それぞれの映像のアンダーラインのURLをクリックすることで、RICOH 元動画に飛びますが、
そちらのサイトでは、画像の拡大/回転/変形が自在にできて、下記のような写真を作る
ことができます。

カテゴリー: パノラマ, 名勝, 家族, 風景 | SriLnaka 360 panorama photo スリランカ 360度 映像 はコメントを受け付けていません。

US-65 UK-65 Betaflight smart audio の設定

US-65 UK-65 Betaflight smart audio の設定

Betaflight のport の設定は、下記YouTubeの 10分00秒あたりの映像を参考に
一番右側の欄に TBS smartaudioとか出ているとOKです。
https://www.youtube.com/watch?v=ROU2Twvku7A

カテゴリー: インプレッション/リポート/評価, ドローン, マニュアル/方法 | US-65 UK-65 Betaflight smart audio の設定 はコメントを受け付けていません。

Frsky 方式 バインディング の裏技 (横山さん開拓)

UR/US65のFrsky 方式(Flsky方式は適用できない)で、バインドするにはFCの
極小さいSWを押しながらリポをつなぐ必要があます。

これ、非常に大変でかつUR/US65系のボタンはあまり作りが良くないとのこと。
で、バインドできない場合の対処方法です。(本裏技開拓発見者は横山さんです)

0. BFに接続する。(リポ電池はつながない)

1. T8MP Jumper のfrsky 方式とバインドする場合は、
 受信方式で、SPI受信、frsky_d を選択
 (SAVEで保存する)

2. CLIで直接以下のコマンドをたたきます

set frsky_spi_autobind = ON

コマンドが正しく認識されると

frsky_spi_autobind set to = ON

が帰ってきます。
 (SAVEで保存する)

3.BFとの接続を切断し、USBケーブルをはずす

4.US65にリポ電池を接続する

5.リポ電池を接続した時点で、バインドモードで起動しますが、普通と違うのは
 LED は点滅しません。

6.プロポ(T8MP)側で、バインドでfrsky を選択し、サブメニューで
 freq fine を -40 に仮設定します。

7.バインドボタンを1回だけ押します。
 (何回も押さないで、1回だけ押したらしばらく我慢して待ちます)

8.(しばらくしてバインドが成功すると)LEDが点灯して確認できます。

9. さきほどのfreq fineの値を微調整します。
  マイナスの数値を大きくするとバインドが外れますので、そのマイナス
  の数値を覚えます。
つぎに、マイナスの値を小さくしていき、場合により少しプラスにすると
  またバインドが外れますので、その数値を覚えます。
  それら数値の中間の数値にセットします。
  たとえば、-60 と +20 がバインドが外れる両端の限界値だったとする
  と freq fine の値を-20に変更します。(当初は、6.で-40に仮設定
  した値)

===これでバインドが完了ですが、BF設定で、「戻し」、が必要===

10.BFに接続します。

11. CLI で以下のコマンドをたたきます。

set frsky_spi_autobind = OFF

コマンドが正しく認識されると

frsky_spi_autobind set to = OFF

が帰ってきます。
 (SAVEで保存する)

12.USBケーブルをはずす

13.次回以降リポバッテリを接続すると、通常の飛行モードで起動します。

==(以上)==

★★ Frsky 方式だけが使える裏技で、Flsky 方式では使えません
★★ 11.の手順を忘れると、次回またバインドモードで起動してしまいます

カテゴリー: インプレッション/リポート/評価, ドローン | Frsky 方式 バインディング の裏技 (横山さん開拓) はコメントを受け付けていません。

Frsky and S-FHSS 両方切り替え

以下 まっくてれじあさんの発言の引用です。
UR65/US65用の S-FHSSカスタムファームは、近い将来のようです。

==
以前より、Betaflightのカスタムファームを手掛けておりました千葉さんが、受信機オンボードなFCでFrSky互換チップで使っているCC2500を用いて、同一チップで動くS-FHSSでバインド出来るファームを開発しています。
実はこれ、ワイがお話させてもらったBetaflightライトニングトークの質疑応答でも、ちょっと話題となった内容です。
BETAFPV F4-ブラシのFCの奴になります。

その後、UR65/US65/UK65のFrSky版のCrazybeef3FrでのS-FHSSカスタムファームも予定されているとの事です。
こっちはワイもご協力出来るであります。っというかかなり嬉しいっすねww

皆様も是非、千葉さんの開発にご協力くださいませ。

=============================================================
千葉さんのFB
↑ 千葉さんのFBの内容
MATEKF411RX用のS-FHSS対応Betaflightファームを作成しました。
BETAFPVのF4-Brushed(Frsky+OSD)などtargetがMATEKF411RXのFCで利用可能です。
環境を所有しており興味のある方はテストにご協力頂ければと思います。
『正常に動作した』『bindできなかった』などコメント頂けるとありがたいです。

・使用方法
通常手順でファーム入れ替え後、cliでS-FHSSに切り替えてください。
——————————-
# set rx_spi_protocol = SFHSS
# save
——————————-
以降はFrsky同様にbindして使用します。

従来の機能に拡張する形で実装しており、FRSKYへ切り替えることでFrskyも動作するはずです。
最終的には本家へマージする予定ですが、まずはこの場をお借りしてブラッシュアップさせてもらえればと思っています。(英語でガンガン不具合報告されても厳しいので)
また派生としてCRAZYBEEF3FRも対応予定です。

Google Drive

カテゴリー: インプレッション/リポート/評価, ドローン, マニュアル/方法, 友人 | Frsky and S-FHSS 両方切り替え はコメントを受け付けていません。

BetaFlight におけるアーム問題 解決手助け Arming Problem Referrence

BFでアームに問題がある時に吐き出されるエラー内容一覧

これを参考に頑張る。

カテゴリー: インプレッション/リポート/評価, ドローン, マニュアル/方法 | BetaFlight におけるアーム問題 解決手助け Arming Problem Referrence はコメントを受け付けていません。

2018年度 モービルフォックス東京グループ FOXハンティング大会

2018年度 東京556モービルFOX ハンティング大会

日時    :2018年9月9日(日) 雨天決行
(台風など交通機関に支障のある荒天時を除く)
集合時間  :09:00(受付開始、受付終了 09:30)
集合場所  :茨城県土浦市乙戸沼(おっとぬま)公園駐車場
       (茨城県土浦市中村西根内、目標/土浦市公設地方卸売市場の近く)
       案内誘導/当日 午前8時45分頃から、145.56Mhz付近
FOX探索範囲 :茨城県土浦市、牛久市周辺
FOX周波数  :145MHz帯域(145.56を予定)
FOX数    :3 匹
参加費   :無料
賞品     : 3位迄の入賞者に大会記念メダル及び表彰状、副賞はありません。
詳細     : スタート前にハンター券と共に規約資料を配布します。

大会運営の都合上、参加の予定が決まりましたらお早めに、土門幹事又はJH1FFV 渕岡会長まで
連絡頂きます様、よろしくお願い申し上げます。
* もちろん、当日の「飛び入り」も大歓迎です!!

★今年の東京大会のスタート場所は、土浦市です。
初めてのスタート場所となりますが、日頃の訓練の成果を存分に発揮して未踏地での活躍を
お祈り申し上げます。

主催:JH1MTG/土門 一功
メールアドレス
tokiwa.rw@ivory.plala.or.jp

【タイムスケジュール】

09:00 受付開始
09:30 受付終了
09:40 大会説明開始
09:50 集合場所から離散開始
10:00 大会開始

(10:00) 第1FOX、および、第2FOX 電波発射開始
(10:30) 第3FOX 電波発射開始
(12:30) 第1FOX、および、第2FOX 電波停止

※ 各FOXの電波発射は重複することなく、それぞれのタイミングで電波を発射します。
  詳細は、下記タイミングチャートを参照ください。

13:00 大会終了
13:30 表彰式
14:00 解散

【主催】

モービルフォックス東京グループ
本大会幹事 JH1MTG 土門

集合場所

集合場所


↑ 拡大・縮小はココをクリック

FOX電波発射タイミングチャート

FOX電波発射タイミングチャート

カテゴリー: FOX探索, マニュアル/方法, 無線, 車/電車 | 2018年度 モービルフォックス東京グループ FOXハンティング大会 はコメントを受け付けていません。

TINY モータの回転方向

モーターリード線の色分け

モーターリード線の色分け

これが標準なのかどうかは不明なるも、参考にはなる。

青赤リード線が、CW つまり 時計方向に周るモーター

白黒リード線が、CCW つまり 反時計方向に周るモーター

らしい。

カテゴリー: インプレッション/リポート/評価, ドローン | TINY モータの回転方向 はコメントを受け付けていません。

scratch + tello

まだ良くわかっていませんが、tello + scratch でのオフラインエディタ
を使用する方法です。

https://dl-cdn.ryzerobotics.com/downloads/tello/0222/Tello+Scratch+Readme.pdf

MAC版ですが、次の動画も参考になります。
https://www.youtube.com/watch?v=NnAROrKTolM

カテゴリー: インプレッション/リポート/評価, ドローン, マニュアル/方法 | scratch + tello はコメントを受け付けていません。

保護中: FTP の使い方(ドローンビレッジ関係者用)

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

カテゴリー: インターネットサービス, インプレッション/リポート/評価, ドローン, マニュアル/方法 | 保護中: FTP の使い方(ドローンビレッジ関係者用) はコメントを受け付けていません。

保護中: FOX チェックカード

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

カテゴリー: 未分類 | 保護中: FOX チェックカード はコメントを受け付けていません。