VTX 周波数切替 SW割当

VTX 3周波数の切替例 (Smart Audioに対応しているVTXを使用することが必須前提)

最近 YouTube で nogmasa さんが動画でも説明しています。

VTXコマンドがわからない場合は、

CLI でコマンド

help vtx

で以下が説明に出る

vtx – vtx channels on switch
<index> <aux_channel> <vtx_band> <vtx_channel> <vtx_power> <start_range> <end_range>

※ VTXがPowerコントロールに対応している場合はサブパラメータは下記の7つ

<index> 何チャンネル定義するかの数(必ず0から始まり、実際の数から1を引いた数まで定義する)

<aux_channel> 受信機のところで実際に表示されるAUX数から1を引いた数字

<vtx_band> vtx テーブルの縦の数字 Eバンドは3、Fバンドは4

<vtx_channel> vtx テーブルの横の数字 1~8

<vtx_power> 現在の設定に変更ない場合は 0 (Power table を定義すると出力変更も可能)

<start_range> 受信機の数字が入る下限の周波数

<end_range> 受信機の数字が入る上限の周波数

【設定例】

E1,F1,F4の3周波数を定義する場合 (0,1,2 を定義)

SW で AUX3 を使う(割り当てる)場合の例 (1を引いて、2で定義)

周波数 5705 (Band 3 チャンネル1)
周波数 5740(Band 4 チャンネル1)
周波数 5800(Band 4 チャンネル4)

CLIコマンドで下記の3行を定義し、最後に「SAVE」する。

vtx 0 2 3 1 0 900 1100
vtx 1 2 4 1 0 1200 1600
vtx 2 2 4 4 0 1700 2100

save

===

なお、VTXがPowerコントロールに対応してない場合はサブパラメータは下記の6つ
になるので注意

vtx – vtx channels on switch
<index> <aux_channel> <vtx_band> <vtx_channel> <start_range> <end_range>

なので、上の例だと

vtx 0 2 3 1 900 1100
vtx 1 2 4 1 1200 1600
vtx 2 2 4 4 1700 2100

になる

カテゴリー: 未分類 パーマリンク