Nano Vespa80 HD の改造

ep-models.com さんで開発の当初のマイクロHD(Nano Vespa80 HD) は、プロペラガードが壊れやすく、かつプロペラの交換が大変なので、ボルト締めのプロペラが使用できるように、モーターとプロペラ、それにプロペラガードを下記のもので交換します。

交換後の写真です。

改造後のVESPA80HD

改造後のVESPA80HD

1.アルミプロペラガード

RKH CNC AL 40mm Propeller Duct (2) (for 0603, 0703, 1103 Motor)
標準のものはすぐに壊れてしまうので、アルミプロペラーガードで交換です。
アロンアルファで接着されているプロペラをはずさないと取り付けができないので、下記のモーター交換と同時にプロペラガードも交換します。
色は、黒、青、緑、赤、橙、黄色など
2個入りですので、2つ購入すれば合計4個(1機分になります)

2.1103 ブラシレスモーター(プロペラペラはボルトで固定)

Racerstarレーシング・エディション1103 BR1103B 8000KV 10000KV 1-3Sブラシレス・モーター・ブラック50-100 RCドローンFPVレーシング用
8000kv と 10000kvの2種類あります。
これまでのが8000kvなので、私は少しPowerのある10000kvにしてみましたが、増田さんによると8000kvの方がトルクが安定しているらしいです。

モータの上部が中心ピンとその周囲にボルト締め用の4穴があいていますが、4穴のうち2穴を付属の六角ボルトで固定します。
従来のようにプロペラをアロンアルファ等で接着しなくてすみます。
付属してくるボルトの長さが短いので、別途2Mx6mmのネジの購入が必要です。1つのモーターにつきネジ3個で固定します。
このネジの長さはフレームの厚さで選択を慎重にしないと、長いとモーターの回転部にあたり、短いとモーターに届きません。

また、当初のフレームの穴が少し合わない場合がありますので、ヤスリで穴を少し円外側に向けて穴を削るなどの作業が必要となる場合があります。

3.プロペラ

上のRacestarのブラシレスモーターとアルミプロペラガードにピッタリのプロペラです。
似たようなものが出回っていますが、取り付け用にセンタピン用の穴(1.5mm径)が開いていて、かつボルト締め用の穴(2mm径)が2つあいており、なおかつ直径が約40mmである必要があります。
10ペアなんですが、ようするに5色x4=計20枚がセットになっています。
このプロペラは、上のRacestarのモータに付属の6角ボルトで取り付けします。

Dovewill 10ペア入 1.5mm穴 3扇 プロペラ プロップ 6500KV、7500KV 1102,1104,1105モーター対応

なお、交換には組み立てられている基盤を全部バラして最初から組み立て直しが必要で、モーターとプロペラガードの取り付けには神経と労力がいり途中でもめげそうになるくらい大変です。
心してかかって下さい。

カテゴリー: インプレッション/リポート/評価, ドローン, マニュアル/方法 パーマリンク