SD/micro SD カードの規格による違い

容量が同じでも、規格の違いで値段差がでますので、要注意!

SDカードやmicroSDカードなどのメモリ製品には、「NAND型フラッシュメモリ」と呼ばれる不揮発性の半導体メモリが使われています。「NAND型フラッシュメモリ」には3つの記録方式があり、「SLC」「MLC」「TLC」の3種類が存在します。

1. 3種類の記録方式、SLC、MLC、TLC
耐久性に最も優れた記録方式が「SLC」。続いて「MLC」が高耐久。3種類の中で最も耐久性の低い記録方式が、「TLC」となります。「SLC」が使われているメモリーカードは数少なく、産業用・工業用などの用途に限って使用されているケースがほとんど。私たち個人ユーザーが使用するメモリーカードの大半は、耐久性がもっとも低い「TLC」が使われており、高耐久の「MLC」を使った製品は少数です。

2. MLCを選ぶメリット
「MLC」を採用したメモリーカードは、一般向けのSDカード・microSDカードの一部商品で使われており、私たちエンドユーザーでも気軽に購入できます。ほとんどのメモリーカードで使用されているのは、最も耐久性の低い「TLC」。

3. ドライブレコーダー・監視カメラにおすすめ
「MLC」を採用したマイクロSDカードやSDカードは、「繰り返し記録する用途」におすすめ。「ドライブレコーダー」や「監視カメラ」「防犯カメラ」「ネットワークカメラ」のような機器での使用が推奨されています。絶対にデータ破損・消失が許されない“信頼性が求められる機器”に対しては、「高耐久」「高信頼」の象徴ともいえる「MLC NANDフラッシュメモリ」搭載メモリーカードの使用がオススメ。

【ドライブレコーダーで使えるマイクロSDカードのおすすめ】

4. おすすめのMLC搭載マイクロSD
ドライブレコーダーで使うなら、トランセンド「Ultimate 633x」「High Endurance」、サンディスク「High Endurance」、以上3製品がおすすめ。

トランセンド「Ultimate 633x」は、転送速度がハイスピードな「MLC」採用マイクロSDカード。無期限保証つき。

トランセンド「High Endurance」は、転送速度が速くないかわりに手頃な価格の「MLC」採用マイクロSDカード。2年保証つき。

サンディスク「High Endurance」は、メモリーカードのトップ企業・SanDisk製品であることが大きな安心を与えてくれる「MLC」採用マイクロSDカード。2年保証つき(国内正規品に限り)。

カテゴリー: NW機器, インプレッション/リポート/評価, マニュアル/方法, 生活 パーマリンク