6m DXCC Workd 34

7月はSSNの数値が悪いわりに、6mではDXが開けている。
先日の6m&Downコンテストの移動地では、フィンランドOH局の6m信号を初めて耳にした。
もしコンテストに参加せず自宅にいれば200Wで交信できていたかも・・と・・タラレバ
ですが残念でした。

それでも7月だけで6m DXCC Worked Newとしては、モンゴルとキリギスタンができて
いる。

2016.07.31時点の6m DXCCは、

Paper 6mDXCC 25/34

Paper 6mDXCC 25/34

となっており、Worked 34, Paper confirmed 25 (LoTW confirmed 23)という状況。

Confirmed していない9 DXCCは、
1.タイ、2.モンゴル、3.ロシア、4.ベラルース、5.キリギスタン、6.ノースフォーク島、
7.スロベニア、8.インドネシア、9.香港

LoTWでConfirmed していない 2 DXCC は、
1.Fiji、2.南鳥島

海外のSASEはやらない主義なので、Confirmは気長にやっています。

Workもできていない大陸は、南極大陸と南アメリア大陸ですが、それ以外はなんとか交信
できています。

それにしても、現状 6mでDXCC 100 はコンディションが激高しない限り難しそうですが、
OMの強者には150とか200を超えている人が沢山いるようですから過去は相当コンティション
がよかったんですね。かくいう私も昔はハンディー機で南米がガンガン入っている状況を
実際に目にしているので、あの時代に頑張っていればもっと稼げていたはずです。

カテゴリー: DXCC, ハム, 無線 パーマリンク