常磐道経由と東北道経由 の差

東北道と常磐道の差

東北道と常磐道の差

船橋市~一関市(実家)間を無線でビーコンを発出しながら走った軌跡です。

で、常磐道と東北道の両ルートの差ですが、距離的にも、経済的にも私の場合は「常磐道」の方が良い結果になりました。

ただし、谷田部ICまで一般道の距離が約45kmと長いから故の結果でもありますし、
いわき市から先の対面通行/片側1車線の状態を考えると、外環 三郷南IC迄の距離は約15kmと短く、その後はずっと片側2車線以上の東北道が所要時間的には優位です。

※※以下参考※※

往路、復路とも休日または深夜~早朝の3割引料金の適用でしたが、通常の料金も参考までに記載しています。

【往路】

常磐道経由(自宅船橋-(一般道路)-> 谷田部IC -> 利府JCT -> 富谷JCT -> 一関IC )
・距離: 430km
・高速等有料料金: 割引 6,130円/ 通常 8,760円
(※柏ICからの場合の参考 6,450円/9,210円)

【復路】

東北道経由(一関実家 -> 一関IC -> 川口 IC -> 外環 三郷南IC -> 自宅船橋
・距離:454km
・高速等有料料金: 割引 6,700円/通常 9,560円
(高速 :割引 6,340円/通常 9,050円)
(外環:割引 360円/通常 510円)

カテゴリー: インプレッション/リポート/評価, 一関, 生活, 船橋市 パーマリンク