FT-991MでのRTTY

(0) FT-991をすぐに、USBポートへつないではいけない

(1) YAESUから仮想COMドライバをDLしてインストール
2つの仮想COMポートが作成される。

仮想COM 2ports

仮想COM 2ports

Standard COM port (若い番号、私の場合はCOM5)をRTTYで使用
Enhanced COM port(老いた番号 私の場合はCOM6)はCAT用に使用

(2) MMTTYをDLしてインストール

(3) MMTTYと同じところにある
EXTFSK.ziをDLLして解凍して、 extfsk.dllをMMTTY.exeのあるフォルダへCOPYしておく

(4) FT-991をUSBでPCに接続する

(5) MMTTYを起動、「Option」→ 「設定画面」

(5)-a. ”送信” タブ

“PTT/FSK” -> Port は 一番下の EXTFSK を選択

(5)-b. a.で EXTFSKを選択すると別Windowがポップアップしするので、EXTFSK 1.06
の設定をする。

EXTFSK

EXTFSK

Portは、(1)で設定した若い番号の、standard port を設定する(私の場合は COM5)

FSKはRTS, PTTはDTR

”送信” タブに戻り

ラジオコマンドボタン

ボタンを教えてCATの設定を下記のようにする。

Radio Command

Radio Command

ここでのPortは、(1)の老番号のCOM Portを指定する(私の場合はCOM6)、YAESU の
COMポートの設定で、Stop は 2bits なので注意

FREQUENCY SHIFT はLSB

(5)-C. ”その他” タブ

その他

その他

送信ポート で、サウンド+COM-TxD(FSK) を選択

(5)-d.  “Sound Card” タブ FT-991に内蔵するUSB Audio CODECを選択する。

MTTY Sound_Cardの設定

MTTY Sound_Cardの設定

(6) FT-991の設定

・SET No.060で PC KEYING  -> RTS
・SET NO.098で RTTY SHIFT PORT -> RTS

※ RTTYのデジタル出力は、
SET No.101 RTTY OUT LEVEL で変更できるはずだが、可変してもRIGのALCに変化なし

カテゴリー: インプレッション/リポート/評価, デジタル通信, ハム, マニュアル/方法, 無線 パーマリンク