「船橋を歩く」 船橋地名研究会 滝口会長の本

「船橋を歩く」カバー表

「船橋を歩く」カバー表

「船橋を歩く」カバー裏

「船橋を歩く」カバー裏

船橋地名研究会 滝口昭二 会長がこれまでの研究/調査/現地踏襲を大成した一冊の本を2014年9月1日発刊しました。値段は税別 3,000円。

.滝口昭二(たきぐちしょうじ)

.滝口昭二(たきぐちしょうじ)

滝口さんは、これまで「行田無線史」(船橋海軍無線電信所史)第1号(平成年6月1日創刊)~第17号(平成21年3月15日発行)を自費で発行されており、おそらく「行田無線」に関してはこれ以上のものはないほどに詳細が記されていました。

今回の著書は船橋の歴史を省みながら歩ける50のルートが記載されており、船橋近辺にお住まいの方ならかなり参考となる内容が満載のようです。(まだ全部読んでいません)

勿論、ルート31には、”行田無線跡をあるく”として、鉄塔に関する情報を含め今も残る史跡をみつつ歩くルートも6ページに渡り記載されており、無線屋にとっても貴重な情報が記載されてます。

カテゴリー: ハム, 名勝, 無線, 生活, 船橋市, 風景 パーマリンク