DJ-G7 Memo

ファームウェアのバージョンアップ方法
https://www.alinco.co.jp/product/electron/soft/softdl01/update_dj-g7.html

操作のメモ
https://jh8jnf.wordpress.com/dj-g7%E3%83%A1%E3%83%A2/

カテゴリー: インプレッション/リポート/評価, ハム, マニュアル/方法 | DJ-G7 Memo はコメントを受け付けていません。

効果音ラボ

効果音ダウンロードサイト
https://soundeffect-lab.info/sound/battle/

カテゴリー: マニュアル/方法, 装飾品/手作品 | 効果音ラボ はコメントを受け付けていません。

エネポ 8回目のオイル交換

2019.11.17 JJ1YNA市川市の移動運用後 8回目のオイル交換

7回目から2年以上交換していなかった・・・

Mobile Oneの高性能オイルだけど、やはり1年に一回は交換すべきかな。

写真は別途

カテゴリー: インプレッション/リポート/評価, ハム, 無線, 生活, 船橋市, 防災 | エネポ 8回目のオイル交換 はコメントを受け付けていません。

ジュンク堂書店でドローン飛ばしてみる

1F CQタワー前 全員集合

1F CQタワー前 全員集合

4Fコース

4Fコース

加藤/大賀/鴨志田さん

加藤/大賀/鴨志田さん

DRONE★VILLAGE 公認飲料 Dr.pPepper オリジナルラベル

DRONE★VILLAGE 公認飲料 Dr.pPepper オリジナルラベル

ドローンで読書ができるか? 島田/もんじろうさん ドローン

ドローンで読書ができるか? 島田/もんじろうさん ドローン

1F CQタワー

1F CQタワー

★もんじろう さん YouTube配信したもの
「ドローン飛ばしてみる」① 1:45分
「ドローン飛ばしてみる」② 3:19分

★ ASAKI CHANNEL (麻希さん)
https://youtu.be/EDBS9cdU3uo

★ゴーヤーちゃんねる -FPV (片岡さん)
https://youtu.be/9_lFgCoX5j4

★D-mania (中村さん)
https://youtu.be/CCwyGn72prM

カテゴリー: ドローン, ハム, 無線 | ジュンク堂書店でドローン飛ばしてみる はコメントを受け付けていません。

BONX for Business

これ、ZERO に似ているが、同時通話ができて、ハンズフリーにも対応

アプリが有料なのが難点。

BONX 多人数同時通話可能グループコミュニケーションシステム

YouTube動画はこちら

BONXGrip 耳にワンタッチで装着で可能な、送受話器

カテゴリー: 未分類 | BONX for Business はコメントを受け付けていません。

九都県市合同防災訓練

船橋市アマチュア無線非常通信連絡会として副会場で参加した様子です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

カテゴリー: ハム, 無線, 生活, 船橋市, 防災 | 九都県市合同防災訓練 はコメントを受け付けていません。

九都県市合同防災訓練(船橋市)

2019年9月1日に開催された 九都県市合同防災訓練(船橋市)

政府広報のページに詳細(動画全編含む)があります。
https://www.kantei.go.jp/jp/98_abe/actions/201909/01bousai.html

後半の訓練地、船橋における部分のみ切り出した映像はこちらです。

動画の後半部(船橋市部分のみ)

カテゴリー: 生活, 船橋市, 防災 | 九都県市合同防災訓練(船橋市) はコメントを受け付けていません。

TAKISUNG 海底光ケーブル 陸揚局

TAKISUNG 海底光ケーブル 陸揚局

ここは、インドネシア国内初の光海底ケーブル敷設(1988年4月~1991年12月までのプロジェクト期間)で、何回も訪問した思い出の場所、タキスン海底光ケーブル陸揚局。

海底光ケーブルは、現在の首都ジャカルタがあるジャワ島の東側にあるマドゥラ島のBUMIANYAR(ブミアンヤール)と、2024年にジャカルタから首都移転が決定されているカリマンタン島(旧ボルネオ島)のTAKISUNG(タキスン)間約384km間に敷設された。

工事は、住友商事/トーメンの合同企業体が日本政府のODA円借款事業の一部として請け負ったもので海底光ケーブル敷設部分は、NTTグループが請負い、日本から海底ケーブル敷設船「黒潮丸」がシンガポール経由で出向いて敷設した。

私は、敷設にあたり必要となるケーブルルート設計、ケーブル陸揚げ用のマンホール建設、ケーブル陸揚げ用人員の確保、日本のケーブル敷設船黒潮丸に必要な野菜、食材調達、ケーブルエンジニアの入国稿手続きやらでやらで、実際に敷設が始まる2年ほど前から実際の敷設までの間たびたびこの地を訪れている。

当時は、ヤシの木が生い茂る原生林であったそこには、売店もレストランもホテルもなく、まともなホテル(それでも最高級ホテルでも三つ星)があるバンジャルマシンから毎日片道60kmをチャーター車(運転手付き)で往復して仕事をする日々でした。

おおよそ、30年後の状態を、現地にいかなくとも、Google Mapで見ることができるのはなんとも感慨深いものがあります。

スマトラ島とカリマンタン島との間の大容量通信をになった海底光ケーブルは25年の寿命がつきているはずで、その後どうなっているのかは不明ですが、すくなくとも街?の様子はガラっと変わっているようです。

下は、反対側の DADURA島のBUMIANYARの陸揚げ局の写真です。

カテゴリー: NTTPC, NW機器, 歴史/史跡 | TAKISUNG 海底光ケーブル 陸揚局 はコメントを受け付けていません。

ドローンのFPV 5.6GHzの開局申請方法

以下のYouTube 動画で解説されています。

https://www.youtube.com/watch?v=mnEb7Y_xrIo

カテゴリー: インプレッション/リポート/評価, ドローン, ハム, マニュアル/方法, 無線 | ドローンのFPV 5.6GHzの開局申請方法 はコメントを受け付けていません。

CQ EV カートレース

2019.08.24 袖ヶ浦フォレストレースウェイ

※ もともと強風でカメラ安定していませんが、少々機体のバランスが悪く、振動が発生していました。
 (画面見ていると酔うかも)

※ 音声は、録音しない設定にしていましたが、低レベルで混入しています。

CADDX000001.MP4

CADDX000002.MP4

CADDX000003.MP4

CADDX000004.MP4

CADDX000005.MP4

カテゴリー: ドローン, ハム, 無線 | CQ EV カートレース はコメントを受け付けていません。